Welcome to my blog

nextplain

nextplain

/ 🏠Home / 観る・聴く・感じる / (ネタばれ注意です。)
============================
タイトルに魅せられて、劇場に向かった。
「 ノマドランド」。
それは、情報機器を駆使して時間・場所に縛られず、今流の働き方を身につけたノマドワーカたちが生きるスタイリッシュな空間?
そんな空間が舞台となっていると勝手に思い込んでいた。
が、映写が始まって早々にそんな予見は断ち切られる。

スクリーンに登場するのは、過ぎ去りし時間を静かに噛みしめ、残された時間をゆっくりひとつひとつ確かめながら時を過ごすシミしわ多き者たち。
幸せを家族と定住の場に求めない、ノマドランドに覚悟して生きるのだ、と静かに主張していた。

(イメージ写真下に続く)

劇中盤に映し出される乾いた荒野の一角、そこはただの空き地。
イベントが行われると人づてに聞いてきたノマドたちが集う。
塗装がはげたキャンピングカーや、おんぼろバンで生活している者たちだ。
そして夜半、キャンプの焚火の勢いが止まった頃、火を囲む者はそれぞれの心中を静かに独白していく。
まるでキャンサーが集う会合のようだ。
なんとも身につまされるが、時間を刻み込んだ顔とコトバは穏やかな空間をかもし出していた。
そして、イベント最終日。
「さよなら」は言わない、「じゃあ、またいつか」
今生の別れと思われる程に強くしっかりじっくりとハグを交わしあう。
コロナ渦で3密厳守とは無縁の世界。
乾いた荒野で交わされる人たちのじっとりとしたぬくもりがこちら側にも伝わってきた

実はこの映画の主人公は、夫に先立たれ独りで車中泊生活を続けている壮年女性という設定だ。
移動先でその都度に職を探し、職場が見つかれば短期就労を重ねる。
劇中に出てきた職場のひとつが、amazonの物流センター。
労組結成を従業員に計って否決された職場としてニュースになったのが記憶に新しく、なんともタイムリーだ。

劇中、この女性は代用教員時代の教え子に偶然に出会う。
「先生は、ホームレスなの? 」と問われ、
「いいえ、ハウスレスよ」と。
この映画序盤に流れたナレーションを思い起こす。
「ホームは、それぞれのココロの中にある」
この世にハウスレスな者はいても、ホームレスは居ないのだろうか?
そのように自己を納得させるしかないのだろうか?

また劇中に、トイレのシーンが何度か出てくる。
時に野の中で、周辺になにもなく身を隠せない処で用をなし、
時に車中で、寝床と飲食する場のすぐ近くに置かれた容器に用をなす。

「ノマドランド」に生きる者は不自由や不安定を携えながら、自由な居場所を探し移動を続ける。
彼らの年齢は様々、働き方も様々、そして生き方も様々。
日本においても、多様なライフスタイルの中のひとつとなるのだろうか。
今年4月に施行された改正高年齢者雇用安定法が、こんなライフスタイルを後押しするのかもしれない。


2021年公開、米国映画。
原作は、ノンフィクション「ノマド:漂流する高齢労働者たち」。
(*ノマドとは、英語で遊牧民の意。転じて時間と場所に束縛されない人)

======================
関連記事
最終更新日2021-04-28
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply