Welcome to my blog

nextplain

nextplain

============================

邦画「ミッドナイトスワン」。
性的マイノリティ(社会的少数者)であるトランスジェンダーが主人公の映画。
(*トランスジェンダーとは、ココロと体で異なる性別を持つ人)

男・女、二者一択できない性もある。
性的なココロと体が一致せずに苦しみ、もがきながら社会の中で生きている彼ら彼女たち。
そして、無知なる者、理性で理解しつつも心情的に非寛容な者は、彼ら彼女たちを無用に疎んじ阻害し、過剰な負担を強いる。
二者一択できない性もあるコトを、心底から知らなければいけない。
と、映画は叫んでいた。

トランスジェンダーの主人公(草薙剛)が叫んだであろうウチなる声が、聞こえてくる。
『この子のお母さんになりたい!』
お母さんになりたい一心で、のたうち廻る主人公。
実の母子でない二人が、真の母子になっていくモノガタリだった。

(イメージ写真下に続く)

劇中では、主人公と行き場のない親戚の女子高校生が場末のアパートで共に暮らすシーンから始まった。
じっとりネットリとした映像。
高校生は同級生と共に危ないバイトに勤しみ、稼いだ金でバレー教室に通い始める。
時に才能の一端が見え始め、深夜の空き地でバレーの練習に励む高校生と、見守る主人公。
空き地横で観ていたオッサンは、けだるいのったりとした拍手をして言った。
「夜が明けるとスワン(白鳥)は飛び立ってしまうな」
その時、主人公は意中で反論したに違いない。
「夜が明けてもスワンはここに、この子はずっとスワン!」
「この子のお母さんになる!」

お母さんになりたい一心で身を落とし、女性の体を手に入れようと身を切り刻む。
一端離れ離れになった二人は、時を経てお母さんと娘の関係になっていく。
お母さんとなった主人公は命を終えるが、カタチなき愛情は娘を包み慈しみスワンへと育てていく。
そしてついに、娘はニューヨークの舞台に立つ。
「お母さん、見ていて!」
ミッドナイトスワンは、真のスワンとなって羽ばたいた。

このブログを書いている最中にも、涙腺が緩んでくる。
草薙剛が演じた性的マイノリティ。
よくよく共生できる社会は、まずは自分のココロから。とココロしたい。


============================
FP事務所 ネクストプレイン

関連記事
最終更新日2020-10-19
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply