Welcome to my blog

nextplain

nextplain

/ 🏠Home /  
============================
この日、コロナに係る緊急事態宣言が一部解除。
久方ぶりの解放感を味わいたいと、ココロが自転車を引き寄せた。
この日は、自転車走らせ爽快な気分を味わうと伴に、
偶然にも「キャッシュレス」な体験を強いられた特異な日でもあった。

この日起きて早々に、利根川沿いを西に走り河口を目指そうと決める。
自転車は常時車に積んであるので、決めたら早い。
車を運転し始めて、30分位経過した頃だろうか。
「財布を忘れた!」
移動中の車の中で、現金を持ち合わせていないコトに気が付いた。
猛烈な葛藤が渦巻く。
一端帰宅すべきか?
いいや!
今日一日、現金ナシ「キャッシュレス」で過ごすコトを覚悟する。

(イメージ図の下に続く)

そもそも、ゆっくりゆったりのサイクリングでは、お金はさほど必要としない。
自転車さえあれば、すこぶる経済的に快適な一日を過ごすことが出来る。
ただし、人と車に適時エネルギー補給できるコトが前提だ。
財布忘れに気づいた後、現金を使うことなくその補給は可能だと判断した。

車をUターンさせることなく、サイクリング出発地点の大利根東公園までノンストップで移動。
そこで自転車を降ろして、利根川河口の波崎漁港までを往復して約90kmを走行する。
結果的に、この日まる一日自宅を出て帰るまで現金を持ち歩かずとも、全く問題ない。
と、改めて自覚した次第。

以下は、初めての『キャッシュレス』!で過ごしたサイクリングな一日の記録である。
************************
1、ガソリン代 / 約\4,000円
 ・行きつけのスタンドにて給油、購入済のプリペイカードで決済
2、高速道路料金(行き)/ 約\2,000円
 ・圏央道に入り、利根川河口50km手前近くのI/CにてETCカード決済
3、コンビニにて調達した品物の代金 / 約500円
 ・500mlペットボトル2本と、パン2個。
 ・今年より使い始めたスマホQRコード決済サービスを利用
4、道の駅発酵の里こうざきでの買い物代金 / 約\500円
 ・数品を買い求め、スマホにてQRコード決済
5、高速道路料金(帰り)/ 約\2,000円
 ・ETCカードにて決済  
6、ファミレスにて持ち帰りした夕食代金 / 約\1,000円
 ・ポイントカードを提示して決済
************************
計6件約10,000円を全てキャッシュレスで決済。
この日、現金の利用は一切ナシ。
ちなみに車を利用せず、自宅を起点に周回すれば一日の経費は飲食代¥500円也。  

世の中では、確実にキャッシュレスが進んでいる。
あっぱれ「キャッシュレス」社会!
しかし、利便性とリスクは相反する。
ココロしたい。

/ 🏠Home / 
============================
FP事務所 ネクストプレイン
関連記事
最終更新日2020-10-18
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply