Welcome to my blog

nextplain

nextplain

============================

「金子文子」という実在の人物を題材したノンフィクションの作品だ。
そんな内容のアナウンスにより、舞台は始まった。

本人の獄中手記もあり、書籍化、映画化もされていることを、芝居後に知る。
現在90歳超えてなお肉食で生命力旺盛な瀬戸内寂聴も、彼女の伝説を書いていた。
この芝居を観終えた時、どんよりとやるせない気持ちながらも、彼女の生き様に放心してしまった。

初めて耳にする名前。
彼女は、明治の終盤に生まれ、大正時代に朝鮮人(当時)でアナキスト(無政府主義)である内縁の夫と活動を伴にし、結果検挙され獄中にて亡くなった女性だ。
彼女の幼少時代は、両親の素行がひどく、筆舌に尽くせない不遇の時代を過ごしたようだ。
極貧、虐待、、。
酒乱の父は家を出て、母は他の男と交遊、金銭工面のため娘(金子文子)を女郎郎屋に売り飛ばす算段をしたりと。
が、8歳の娘は売れなかったらしい。
ちなみにタイトルにある「花かんざし」は、母親が娘(金子文子)を置屋に売る直前に贈ったモノという設定だ。
この箇所が実話なのかどうか、わからない。

(イメージ写真下に続く)

無政府主義の男に惹かれ生活を伴にする中で、その実現に向け爆破・殺人を計ったらしい。
関東大震災の発生2日後、治安警察法(当時)に基づき夫と伴に逮捕。
大逆罪の極刑が言い渡され、その後恩赦により減刑されるも、彼女はその特赦状を引き裂き拒否したという。
夫とは別の刑務所に入れられ、獄中で自死に至った、と伝えられている。

夫への感情は愛だったのか、
生の証しだったのか、
政府の否定、社会の否定、存在への否定を唱える同士(夫)への賛同だったのか。
彼女は、己の存在をいずれ消し去ってくれる同士を求め、それを信じ切ることで、
今今の生を鮮烈に実感しようとしていたのではないか。

こんな凄まじい芝居を、新宿梁山泊が紫テントを出て、下北沢のすずなりホールで観せてくれた。
シライケイタ作、金守珍(きむ すじん/新宿梁山泊代表)演出。
金子文子役の水嶋カンナが凄かった。
怪演!

本舞台の最後のシーンに現れたメッセージ。
このメッセージが、金子文子の句なのか、作家の作文なのか不明だ。
散らす風
散る桜花とせんとかし
潔く吹け
潔く散れ

この時代に、このような題材の作品を観るとは思いもよらなかった。
今世の中では皆が自分ファースト、自国ファーストとして振舞おうと必死だ。
潔くなってはいけない。
潔ぎよさを目指してはならない。
皆が潔く振舞ったら、いつの間にかトンでもないことになる。

先のメッセージが反面教師的に響いてきた。


============================
FP事務所 ネクストプレイン

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply