Welcome to my blog

nextplain

nextplain

gooブログから引っ越してきました。

< 元ブログのタイトル >
 【素浪人スーダラLOG】
  バイバリ昭和の素浪人が綴ります。

ブログ初投稿。
2017年06月24日
記念すべき日でした。
==================

NOTE_黒 
はじめまして。
@昭和の素浪人です。 
ブログ初開設・初投稿です。 
たどたどしくブログ・デビューです。 
本日早朝にブログ開設を申し込み、ようやく初投稿をUPすることができました。
 
=========================
吾輩は、「素浪人」である。猫ではない。 
吾輩は、昭和生まれの昭和育ち、バリバリの「昭和の人間」である。 
吾輩は、「シングル・ファーザ」である。 
=========================

20を超えた頃、就職活動で右往左往しました。 
30を超えた頃、元号は昭和から平成に。
   東京の職場へ異動となり、通勤ラッシュに鍛えられました。 
30代は仕事で、早朝から深夜迄ガムシャラにあがいてました。 
40代、50代と企業組織の中にどっぷり浸かってました。 
そして退職。

ようやく念願の「素浪人」です。 
素浪人になって間もなく、家内が病に臥せってしまいました。 
不条理な事です。
これから「2人で、、、」と思っていた矢先です。 
家内は旅立ちました。 
「シングルファーザ」となり、
そして、昨年60歳還暦を迎えました。 

ところで、昭和の代表的流行歌『スーダラ節』はご存じでしょうか。  

JAZZバンドで、コミックバンドでもあった『ハナ肇とクレージキャッツ』が歌っていました。
昭和の大ヒットソングです。
1990年後半に東京都知事だった青島幸男が作詞した歌です。

関連のネット記事に、以下のような事が書かれていました。
・グループメンバーのひとり植木等の口癖『スイスイスーダラタッタ~』にメロディをつけて、歌ができた。
・僧侶であった本人の父は「人間に係る真理だ。必ずヒットする。」と応援していた。
・本人は、寺の子息で真面目一徹。自分の性根とは異なる『スーダラ節』の一連の歌詞を、苦渋に感じていた。
・本人はこの抵抗感を胸に押しとどめ、演者としてTV(当時白黒)やら銀幕やらの中でコミカルに振る舞っていた。 

不条理な出来事が少なくないこの世の中で、性根で『スイスイスーダラタッタ~』とつぶやき、飄々と風を切って、道を歩きたい。ものです。 

従前、SNSに対し今一つ積極的になれなかったのですが、 半年前にLINEを始め、今回新たな営みを始めます。 
日々の「素浪人」暮らしの中で、感じた事、学んだ事など、UPする予定です。
関連記事
最終更新日2018-02-04
Posted by

Comments 1

There are no comments yet.
NextPlain  
スーダラ節の歌詞

スーダラ節の歌詞は、こちらです。
スイスイ、ス-ダラタッタ、スラスラ スイスイスイ、

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-141022-099

2017/12/04 (Mon) 17:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply