Welcome to my blog

nextplain

nextplain

先月、遠方より来たる友人を囲んで、6人でジョッキを傾けた。

それから2週間後、地元(四国・徳島)に帰った友人は、映画鑑賞カードを郵送にて送ってきた。
ビッグ・プレゼント!!!
有楽町スバル座の株主優待カード。
このカードで、半年で計6回も無料で観られるようだ。
超ウレシイ。
ありがたい。

先日その優待カードを手にして、スバル座に向かった。
東京・JR有楽町駅から徒歩1分。
単館、1スクリーンで、文芸作品を主体に掛けている映画館だ。
一日4回、同じ作品を上映している。

事前情報取らず、
ネット検索もせず、飛び込んだ。

1スクリーンで、作品選択の余地なし。
彼女がその名を知らない鳥たち』
当日上映していた作品名だ。

原作は、同名のミステリー小説。
それを映画化したらしい。その事を後から知った。

1人の女と3人の男。
幻なのか、現(うつつ)なのか、
陰鬱な空気感の中で、4人が絡み合う。

3人の男に関わりながら愛を消化できない女役を担った蒼井優。
鬱屈した愛を貫く変質的オヤジ役を担った阿部サダオ。

小鳥らしき黒い影ぼうしが飛び立って、エンディングとなった。

(写真の下に続く)
802a01eec821a16fb779.jpg 陰影の濃い映画だった。
館内が明るくなり、?マークが脳内をよぎる。

作品タイトルの意味する事は何だろう?
エンディングで現れた小鳥風の影ぼうしは何だったのだろう?

独断的偏見的に回想してみる。

こんな童話があった。
「幸せの青い鳥」を探す幼い兄妹。
後に、青い鳥は身近にいたことを知る。

銀幕中の彼女にとって、3人の男は「名を知らない鳥」であり、黒い鳥。
(劇中では、それぞれ名前はあるのだが、、、)

人は誰でも、「幸せの青い鳥」を幻の鳥かごに囲っておけず、
「青い鳥」はするりと飛び去ってしまう。
そして、「黒い鳥」が知らぬ間に鳥かごに潜り込む。
のかもしれない。
夢・幻から目覚めた時には、黒き鳥は羽ばたき、遠き所へ飛び去って欲しい。
そしていつかは、青い鳥になって戻って来て欲しい。戻ってくるはずだ。
という願いを作者は投げかけているのだろうか。

エンディングで、
阿部サダオ演じる鬱屈純愛男はビル屋上から身を投げる。

名も知らない黒い鳥3羽は飛び去る。
人に巣ごもりしている黒き鳥たちも、連なって一斉に飛び立つ。

そして夢・幻は、カーテンを降したのではないか。
ほのかな期待を込めて、、、
いつかは、青い鳥が戻ってくることを、、、
身近に寄り添っている青い鳥に気づくことを、、、

そう、鬱屈純愛男は青い鳥だった?

そういえば、中島みゆきの
「空と君のあいだに」、・・・・に、こんな歌詞があったことを思い出した。

君が笑ってくれるなら、僕は悪にでもなる。

銀幕の中では、
君が笑ってくれるなら、僕は犯人にでもなる。だったのか、、、

==================
/FP事務所 ネクストプレイン/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply