Welcome to my blog

nextplain

nextplain

勘三郎、玉三郎が2008年に演じた演目を、ここシネプレックスのスクリーンで観る。
「刺青奇偶(いれずみ・ちょうはん)」

江戸に戻れぬ事情を抱え、3里ばかり海向こうに江戸を仰ぎ、片田舎に住む極貧の亭主(勘三郎)と病に臥す女房のお仲(玉三郎)。
亭主が一番デースキなのは女房、二番目にデースキなのはサイコロ博打。
病重く旅立ちが近いことを悟った女房は、筆箱と裁縫箱と共に亭主を床元に呼び寄せる。
女房は、亭主の腕に刺青を刺してもいいかと亭主に伺い、亭主の腕に筆を使って画き始める。
裁縫針にてヒト針、ヒト針と彫る。
女房が描いたのは、「お仲(女房の名)命」でなかった。
女房が描き彫ったのは、「サイコロの3の目」。
自分が亡き後に博打をさせまいとする、亭主に無言で意見するための彫り物だと言う。

(イメージ写真下に続く)

亭主(勘三郎)と女房(玉三郎)の間に交わされる情の掛け合いに涙腺が弛るむ。
いつもながらに、勘三郎の感情を込め、顔をクシャクシャにした熱演につられ、此方も顔クシャになる。

そして亭主は、恋女房の永遠に向けた旅支度を整えたいと願い、最後の博打に文無しで臨むが、無惨にも賭場を叩き出されてしまう。
その後にお出ましの賭場の親分(片岡仁左衛門)は、事情を飲み込み、この無鉄砲な輩(勘三郎)の気っ風を感じ入り、その場一発勝負の丁半博打(ちょうはんばくち)を誘う。
振られた湯飲み茶碗の中のサイコロの目は、輩に微笑む。
輩は、親分の懐から投げ出された金子(きんす)を持って、病に臥せった恋女房の元へと花道を走り去っていく。
「待ってろよー。。。死んじゃ駄目だよー。。。。。」

大いなる余韻を持って幕引となった。

観たシネマ歌舞伎を文章力弱い我が身が文字にすると、超ベタな感じになってしまうが、観ている現場では情感が山のように波打つ。
作家長谷川伸が創るモノガタリが、当代きっての役者を盛り上げ、観客を揺さぶる。
明治に生まれ、昭和の時代に、多くの「股旅物」を書き下ろした小説家であり、劇作家であったという。

幕引き後に、2人の今後が気になり始めた。
女房の旅立ちに間に合い、心安らかに旅支度は整えられた。のだろうか、
または、女房の旅立ちに間に合なかった。のだろうか。
女房旅立ちの後に、博打から足を洗えたのだろうか、
または、仁義を感じて金子(きんす)を預けてくれた親分に世話になるのだろうか。
余韻を残す演目だった。

話変わって、この演目、片岡亀蔵が面白い。
あの風貌で持ち前の低音響く声は、大大名の重臣やら、含みある悪代官が似合いそうだが、この演目ではチャメッケあるにぎやかし的な役柄を担っていた。色々こなすものだ。と感心してしまう。


====================
/ FP事務所 ネクストプレイン /




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply