Welcome to my blog

nextplain

nextplain

「レッド・スパロー」

スパローを直訳すると、「雀(スズメ)」。
スズメに似た茶系あるいは灰色系の小鳥全般を指すのだという。

(イメージ写真下に続く)

この映画では、「女スパイ」を意味する隠語として使われている。
試しに広辞苑を探ゥてみたが、見当たらない。
諜報に関連する業界用語なのだろうか。

「スパロー」を反芻してみると、以前聞いたことがある!
お馴染み「パイレーツカリビアン」の主役、「ジャック・スパロー」だ。
従前全く気に留めていなかったが、改めて意識してみると、
こちらの「スパロー」は「決して小さな籠には入らず海を渡り歩く海賊」というニュアンスを表しているのだろうか?
更に、アメリカ海軍の空対空ミサイルの愛称でもあるらしい。

さて、前置きが長くなってしまったが、
この映画は、元トップバレリーナが諜報業界でのし上がっていく半生を描いていた。
バレリーナ・トップを取りながらも、周囲の嫉妬による事故でショービジネスから断腸の思いで離脱。
そして国家レベルのハニートラップ研修センターで教育を受け、諜報現場へ、

女は愛嬌!
という言葉はあるが、
スパロー(女スパイ)は時に(仮想的)愛情、常に度胸!!!
愛情と度胸。
この二つがひとつの身に同居してなければ、この商売はやれないのだろう。
同居させている者だけが、人材として生き残る。のだ。

度胸を満載にして、現場から現場へ渡るスパロー。
スパイ、2重スパイ、3重スパイ、、、、
観ているうちに、彼女はどっち側? 取り巻く登場人物はどっち側????
混乱して、映画の幕は降りる。

欲望渦巻くこの世の中で、ハニートラップ技術は磨かれ、人が育てられ、影からそれぞれを守り支えてきたのかもしれない。
国家レベルで、企業レベルで、そして個人レベルで?

ちなみに、この映画の原作者:ジェイソン マシューズは、元CIAの捜査官だったようだ。
映画で描かれているシーンは、まんざら架空の想像ではないだろう。
現実は、もっと泥臭いだろうが、ここそこにハニートラップは仕掛けられている。に違いない。

冷戦時代の東西国家において、またお隣の大国家でも、
この国でも京に都を置いていた時代から、隠然としてあったのかもしれない。

表の世界は、裏の世界の力を利用して、ここまで来たのだろうか。
光りある処には、影がある。
影が世界を動かす。こともあるのだろう。
そんなコトを、うつらうつら思いながら映画館を後にした。


====================
/ FP事務所 ネクストプレイン /





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply