Welcome to my blog

nextplain

nextplain

4月1日。
新年度になり、ココロ踊り新たな環境に飛び込んだ人がいる。
一方、今まで何十年も親しんできた環境から離れ、ココロ不安ながらに待ち受けていた環境へ静かに入った人もいる。
新たな環境となるセカンドライフを迎えた人は、少なくないだろう。

厚生労働省から公表されている雇用動向調査によれば、
平成28年(1月1日現在)の常用労働者数・約730万人中、
本調査にて判明した「定年退職により離職した者」は、4.3%。
雇用期間の定めない男性では、年間の総離職者数の1割が、定年退職にて離職していた。

(イメージ写真下に続く)

今から4年前。
我が身は、35年間歩んできたサラリーマン生活を卒業。
55歳にて役職定年を迎え、30数余年間勤務した会社を退社。
その後、別企業へ入社、そして2度目の退社。

2度目の退社を控えていた頃に、考えていたことは、
・退社後は、セカンドキャリアに向けて準備期間を置く。
・セカンドキャリアは、心身健康な状態であれば何時までも働ける「個人事業主」を目指す。
・個人事業主として、「紙芝居」屋の開業を目指す。

そんな思いを抱いて当時を過ごしてきた事が、スマホのスケジュールを見返すと思い起こされる。
サラリーマン時代には、市販されていた紙の手帳を持ち歩いていたが、
2度目の退社後は、新たな紙の手帳を買い求めることもなく、スマホによる電子手帳を使い始め、今に至っている。
スケジュール・アプリとノート・アプリを併用して電子手帳と呼んでいる。
時に電子ペンによる手書きメモを電子ノートに保存し、電子スケジュールにも張り付けられ断然便利だ。

ちょうど4年前の今日。
スケジュール・アプリには、以下のとおり記載されていた。

4月1日:浪人初日。家族と花見。

当時まだ若干肌寒さを感じる中、真っ青な空の元で咲く満開の桜の真下で時間を過ごした。
組織からの解放感と今後へのワクワク高揚感を抱きつつ、桜吹雪を身にまとったことを思い出す。

スマホに目を戻すと、
社会保険の手続きなど「為すべき事」と、
サラリーマン時代に密かに考えていた「今後やりたい事、やってみたい事」が、
スケジュールに列記されていた。

●為すべき事。
 ・社会保険など、家族の生活を守るための諸手続き。
 ・紙芝居屋になるための準備。
●今後やりたい事、やってみたい事。
 ・スポーツ自転車で風切って走る。じてんしゃ旅。
 ・「お金」に係る知識の習得。
  ⇒家族を守るために有効な「お金」に関する知識を得たい。
  ⇒まずは、FP(ファイナンシャル・プランナ)3級の資格取得したい。

電子手帳の予定欄には、事を為すための予定が記されていた。
が、夏になった頃、事態は一変。
家族に想定外のことが起こり、「紙芝居屋」というセカンドキャリアに向けた準備活動は保留。
想定外の状況が好転しない中、京都に紙芝居修行(弟子入り)に行く計画も立ち消え、
その後の予定欄には、関連する単語はなくなっていった。

代わりに、退職直後から始めた「お金」に関連する知識取得に向けた予定が入るようになった。
「お金」に係る知識は、実生活の中で役立つことを度々実感する。
そして、「お金」に係る知識の習得は、「今後やりたい事」から「為すべき事(必須)」に格上げされ、そして今に至っている。
当時は、これで開業とは夢にも考えていなかったが、きっかけはここにあった。

人生において、想定外のことは起きる。
が、きっと何か、目に見えない何かに、導かれているのではと最近思えるようになった。

2回の退社経験を踏まえ、退職時に必要な手続き、為すべき対応を、今後順次記していきたい。


====================
/ FP事務所 ネクストプレイン /




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply