Welcome to my blog

nextplain

nextplain

先日、「餃子、いたい」と言う中京圏在住の友人と宇都宮に出向いた。
宇都宮は、餃子の街。

去年の今頃、友人は単身で宇都宮に行き餃子店前に並んだものの、直前で打ち切られていた。
出向いた時間帯が遅く、また土地勘がない中ようやく店を探しあてたものの、間に合わなかったのだ。

そんな事情を抱えて、今年はリベンジの心持ちなのかもしれない。
昨日フルマラソンを完走し、油分を含んだ事もおおらかに取れるのだろう。

そして、友人のリベンジに同行することした。
去年涙ながらの直前打ち切り事件の現場「みんみん」に車で到着したのは、11時。
開店30分前。
まだ誰も、店前には並んでいない。
すぐ近くの大型スーパーに雉(きじ)打ち(用足して)に行って、
店前に戻ってくると人がすでに何人か並んでいて、後ろに続く。

11時30分。
店が開き、並んでいた者は順に店内に案内される。
直に満席。
2人で注文したのは、
焼き餃子5人前、水餃子1人前、揚げ餃子1人前、そしてライス2杯。

一口で頬張れるちょうどよいサイズ。
ラー油、酢醤油につけて口に入れる。
なんといっても、このパリパリ感がイイ。旨い!!!。

(イメージ写真下に続く)

随分と前。
いまから、20年程度前。
同じ店で聞いた言葉を思い出した。
平日、陽も暮れた夜7時過ぎ頃。
餃子をらいビールを飲み、終盤にかかっていた頃、学生服を着た高校生数名が隣に座った。
高校生の座るテーブルに餃子が並び、彼らがべ始めて間もなく、その一言は出た。
かなりのハイテンション。
店内に響く声だった。
「ウメー!! こんなウメーもん、ったの、初めてだ!!!!!」

感動のコトバは、人を感動させる。
まっすぐで、正直な言葉は、人を嬉しくさせる。
我が身はその時、こころ密かに思った。
「そうなんだよ!ウメーよ。ウメーんだよ!!」
そんな心持ちを、知らぬ間柄といいつつ共感できるのは、嬉しい。
思わず、ひとりニヤケてしまったことを思い出した。

いまだったら、「イイね!」何千回だろうか。
20年前の、宇都宮。餃子の街の出来事。

栃木県・餃子 宇都宮みんみん。


====================
/ FP事務所 ネクストプレイン /


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply