Welcome to my blog

nextplain

nextplain

家族からリクエストを受け、先の3連休に夜19時過ぎから家族と映画館へ出向いた。

映画、「8年越しの花嫁。奇跡の実話」。

題名にあるとおり、ノンフィクションで、モデルは実在の夫妻だ。

試練を乗り越えた二人。
と、そんな平易なコトバで言い尽くせズ、
と、そんな安易な語彙では表現できズ、
超絶なコトをやってのけた二人の物語。いや二人を囲む実話だった。

婚約し式場を予約して間もなく、未来の花嫁は原因不明の記憶喪失を訴え、その数日後に病院へ緊急搬送。
辛うじて心肺停止を脱し、人口呼吸器で辛うじて命を保つも、体は痙攣を続け、脳は眠ったまま。

寝たきり状態の彼女を、婚約者の彼は毎日病院に見舞う。
毎日。
雨の日、風の日、毎日。仕事前にバイクで昏睡状態の彼女を見舞う。
毎日だ。
目を覚ますかどうかわからない、そのまま植物状態になる可能性も医師から示唆されている中で、毎日見舞う。

寝たきりでいつ目が覚めるとも判らない彼女の手足をマッサージする。
好きな曲を聴かせる。

彼にとって、彼女を見舞う。
それは「献身」だったのだろうか。

というより、揺るぎない「信念」だったのだろう。
いつかまた、彼女の言葉を、また必ず聞けるハズ、
いつかまた、彼女の笑顔を、また必ず見れるハズ、

というより、必死な「祈り」だったのではないか。
彼女が掛けてくれた言葉がまた聞けますように、
彼女が向けてくれた笑顔をまた見られますように。
また声を聞かせて欲しい。
また笑顔を見せて欲しい。
何でもやります。
お願いします。
無心の祈りだったのではないだろうか。

というより、彼女の傍(そば)にいたいという強烈な「思い」。

その「信念」が、
その「祈り」が、
その「思い」が、行動させたのだ。
信念の強さ、祈りの強さ、思いの強さに驚嘆する。

この「信念」「祈り」と「思い」は、
彼から彼女への一方向性でなく、双方向だったのではないか。
眠っている彼女からも、
深層の無意識の中に持ち合わせていた同様な「信念」「祈り」「思い」を、
彼に向けて発信していたに違いない。

35億分の1の女と35億分の1の男が出会い、
それぞれが相手を思う力を持ち続け、
その力を届けきったコト。その力を受け取りきったコト。
これが奇跡なのだ。

双方向性の「信念」「祈り」「思い」が起こした奇跡的事実は、必然的だった。
強い意識または無意識のエネルギーは相互作用した。
現世の科学では解明できないコトもある。
そんな物語があってもイイ。

(イメージ写真下に続く)

映画の配役がよかった。
若手の二人。
佐藤健と土屋太鳳。
この二人は大適役だった。

そして、脇を固める俳優陣がよかった。母親役を担った薬師丸ひろ子がいい。

映画館を出た後に、
モデルになった実際の夫婦のコメントをYouTubeに見つけた。
二人とその家族のためだけに開かれた試写会後の、当人のリアルな感想だ。
『本当に自分たちの過去そのもの。
 普通に生活できているのが、すごく幸せ。』

今の日本にこんな二人を知り得たコト、こんな実話を知り得たコトに感謝。

そして、「普通に生活できることに感謝」
そんな基本を改めて感じさせてくれたこの映画に感謝。


====================
/ FP事務所 ネクストプレイン /



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply